スポンサードリンク

結婚式の祝電とお祝いの品

結婚式でのマナー

祝電の打ち方、お祝いの品を贈る時について


祝電(電報)のマナー

結婚披露宴にどうしても出席できない場合や、
身内だけでの式のために出席できない場合などは、
お祝いの気持ちを電報(祝電)であらわすのもいいでしょう。

祝電の申し込みは、局番なしの「115」に電話する、
もしくは、NTTの営業所・支店で申し込む、
インターネットで申し込むなどの方法があります。
(ただし、インターネットで祝電の申し込みをし、
電話料金と一緒にお金を支払う場合は、
事前の申し込みが必要となります)

電報の受付時間は午前8時から午後10時までです。
配達日の1ヶ月前から受け付けており、
配達日の3日前までに申し込んだ場合は、
150円の(税込で157円)割引になります。

祝電・電報を申込む場合、下記の内容の情報を準備しましょう。
着日を指定すれば式場が新郎新婦へ届けてくれます。
・結婚式場の住所・名前、わかれば会場名
・受取人の名前
 (宛名は女性の場合、旧姓で出すのが普通です)
・挙式の日時
・電報のメッセージ内容
(電話帳やNTTのHPには
祝電メッセージの例文がのっていますので参考に!)
・差出人様の名前

料金は、基本料金として
25文字までは660円。(台紙料金含む)
その後は5文字増えるごとに90円がかかります。

祝電にはたくさんの種類があり、
台紙を変えれば料金ははかわります。
キャラクターもののぬいぐるみやうるしを塗ったもの、
メロディーが流れる祝電や押し花をつけたものなどがあります。
かわいいキャラクターのぬいぐるみの電報など様々です。
ぬいぐるみの電報・祝電としては、キティ、ミッキー、
ミニー、スヌーピー、ドナルドなど
かわいくて、おもしろいものがたくさんあります。

ちょっとサプライズなアイデアでの変わった電報では、
バルーンのついた祝電、花のついた電報、
ブリザードフラワーのついた祝電など
ギフト代わりにもなります。結婚式、披露宴にもぴったりです。


その他、漢字を使う場合と、全てひらがなのみの祝電・電報とでは、
漢字を使う場合の祝電のほうが若干高くなり、
値段は文字数によって変わります。



お祝いの品を贈る

結婚を控えたお二人には欲しいもの、
必要なものがたくさんあるはずです。
まずは何がいいかを相手に確認しましょう。
希望がわからない場合はダブってしまっても
困らないものにしましょう。

お祝いの品として
食器などの複数の品物の場合は、
基本的に奇数個で送るものとされています。
4個や9個などの数字は避けましょう。

お祝いの品物を結婚式当日、会場へ持っていくのはNGです。
挙式の1週間前までに届くように手配するようにしましょう。
(出来れば吉日の午前中がベター)
メッセージカードも一緒に添えるとより気持ちが伝わります。

直接持参する場合は、忙しい時期なので
相手方の都合を確認してからお祝いの品を持参しましょう。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。